ヘッダー画像
プロレス

新日本プロレス試合結果速報!2021年11月6日エディオンアリーナ大阪

新日本プロレス秋のビッグマッチ、POWER STRUGGLE最終戦、2021.11.6 エディオンアリーナ大阪大会が間もなく開催されます。

鷹木信悟VSザック・セイバー・Jr.のIWGP世界ヘビー戦は、ザック選手に苦手意識のある鷹木選手の戦い方に注目が集まります。

そして次期IWGP戦の挑戦者決定戦では、G1 CLIMAXでの負けを受けてのオカダ選手のリベンジにもなります。

ここでしっかり結果を出して挑戦権を死守できるのでしょうか。

棚橋弘至VSKENTAの1戦もベテラン同士のクセの強い戦いになること必死です。

個人的には矢野通VSグレート-O-カーンのレスリングマッチがものすごく気になるところですw

この記事ではタイトルマッチ目白押しの、注目カードだらけの今大会の試合結果を速報していきたいと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

柴田勝頼選手の復帰についてはこちら

新日本プロレス2021年11月6日エディオンアリーナ大阪大会の試合結果

対戦カードは全9試合。

最近の新日本プロレスでは試合数が多く、タイトルマッチなど注目の試合が満載です。

公式HPはこちら

第1試合 20分1本勝負

藤田 晃生DOUKI
VS
大岩 陵平金丸 義信

⭕️金丸 義信4分33秒
逆エビ固め
藤田 晃生

第2試合 20分1本勝負

タイガーマスク邪道
本間 朋晃VS外道
真壁 刀義タンガ・ロア

⭕️タンガ・ロア5分07秒
エイプシット→片エビ固め
本間 朋晃

第3試合 20分1本勝負

マスター・ワトBUSHI
田口 隆祐VS高橋ヒロム
永田裕志SANADA

⭕️SANADA7分05秒
オコーナーブリッジ
田口 隆祐

第4試合 60分1本勝負
NEVER 無差別級 6人タッグ選手権試合

<第21代チャンピオンチーム><チャレンジャーチーム>
YOSHI-HASHISHO
石井 智宏VS高橋裕二郎
後藤 洋央紀”キング・オブ・ダークネス”EVIL

※10度目の防衛戦

⭕️”キング・オブ・ダークネス”EVIL13分46秒
EVIL→片エビ固め
YOSHI-HASHI

※後藤&石井&YOSHI-HASHIが10度目の防衛に失敗。
EVIL&裕二郎&SHOが新チャンピオンチームとなる

試合後にYOHがリングに駆けつけてSHOに殴りかかる。

第5試合 時間無制限1本勝負
『KOPW 2021』争奪戦 アマチュアレスリングマッチ

<KOPW2021保持者><チャレンジャー>
矢野 通VSグレート-O-カーン

ジャッジ 永田裕志よりルール説明

⭕️矢野 通6 – 5グレート-O-カーン

※矢野が『KOPW2021』の防衛に成功

第6試合 60分1本勝負
IWGOジュニアヘビー級選手権試合

<第90代チャンピオン><チャレンジャー>
ロビー・イーグルスVSエル・デスペラード

※2度目の防衛戦

⭕️エル・デスペラード18分12秒
ヌメロドス
ロビー・イーグルス

※ロビー・イーグルスが2度目の防衛に失敗。
エル・デスペラードが新チャンピオンとなる

第7試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合

<第10代チャンピオン><チャレンジャー>
棚橋 弘至VSKENTA

※2度目の防衛戦

⭕️KENTA23分44秒
go 2 sleep→片エビ固め
棚橋 弘至

※棚橋弘至が2度目の防衛に失敗。
KENTAが新チャンピオンとなる。

第8試合 60分1本勝負
東京ドーム・IWGP世界ヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

<権利証保持者/G1 CLIMAX 31
優勝者>
<チャレンジャー>
オカダ・カズチカVSタマ・トンガ

⭕️オカダ・カズチカレインメーカー→片エビ固めタマ・トンガ

第9試合 60分1本勝負
IWGP世界ヘビー級選手権試合

<第3代チャンピオン><チャレンジャー>
鷹木 信悟VSザック・セイバー・Jr.

※3度目の防衛戦

⭕️鷹木 信悟30分27秒
ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
ザック・セイバー・Jr.

※鷹木が3度目の防衛に成功

まとめ

新日本プロレス2021.11.6 エディオンアリーナ大阪大会が無事に終了しました。

熱い試合が満載の素晴らしい大会になりましたね。

NEVER無差別級6人タッグ選手権では、CHAOSの3人が長らく保持していた王座が移動し、これからの展開がどうなっていくのかが気になるところです。

個人的に大注目だったKOPWのアマチュアレスリングマッチはガチのレスリングな試合で、両者ともに普段見せない貴重な姿を見ることができてすごく楽しめました。

いろいろな形式の戦いができるのがKOPWのいいところですね。

IWGPジュニアヘビー王座は、エル・デスペラードの李bwんじが見事成功。

王座を巡って新たな動きが出てくるでしょうし、次のシリーズにはベスト・オブ・スーパージュニアも控えていますので、俄然盛り上がる展開になりそうです。

IWGP USヘビーはKENTA選手が初戴冠で、アメリカ戦線での展開が活発になりそうです。

オカダ選手はしっかりと挑戦権を死守し、来年の1.4ドーム大会に向けてのストーリーが出来上がりました。

メインの IWGP世界ヘビー戦は一進一退の凄まじい戦いで、どちらが勝ってもおかしくない試合内容でしたが、紙一重の差で鷹木選手が防衛に成功しました。

これで来年1.4東京ドーム大会のメインは鷹木信悟VSオカダカズチカに決定です。

ここ最近の戦績は鷹木選手がリードしているなか、オカダ選手のG1優勝を受けて両者の勝負の行方はまったく予想ができない展開になってきました。

果たしてどちらが試合後のマイクを握るのか。

今から楽しみすぎますね。

次のシリーズはタッグリーグとベスト・オブ・スーパージュニアということで、来月の両国のビッグマッチまでのストーリーから目が離せません。

これからの新日本プロレスを楽しみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
はまはま
初めまして。 はまはまと申します。 好きな映画やスポーツやエンタメなどについて書くブログを始めました。 語彙力がないヘタクソな文章ではありますが、いろいろと書いていこうと思います。 よろしくお願いします。