ヘッダー画像
ザ・ファブル 殺さない殺し屋

ザ・ファブル殺さない殺し屋のキャストを比較した評価は?キャラクターを相関図で解説

待望の続編がいよいよ公開となる映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」。

岡田准一さんのアクションがすごいと言われた前作からどうパワーアップしているのか。

今回新たに加わるキャストにも注目ですが、気になるのは原作のイメージを壊さないキャスティングかどうかという点です。

そこでこの記事では、原作と比較してキャストの評価はどうだったのかを調べてみました。

作品に出演するキャストの情報と一緒に紹介していきます。

さらに相関図でキャラクター同士の関係性も解説しているので、よりキャラクターについて知っていただければと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋のキャストを比較した評価は?

https://twitter.com/ringokomatsuna/status/1407649821058420736
https://twitter.com/yatarock_P/status/1408306420991152131

ネットの声を聞いてみると、大絶賛の嵐ですね。

悪い評価が見当たらないくらいです。

岡田准一さんに関しては前作から引き続き、アクションの凄さを筆頭にハマり役として評価されていますね。

前作でイマイチな感じだったヨウコが今回たくさん活躍していることで、木村文乃さんの評価も上がっているようです。

そして新たに加入した堤真一さんや平手友梨奈さん、安藤政信さんもすごく好評です。

悪役勢のキャラクターが魅力的なのはもちろんですが、演じたキャスト陣もいい声ばかりです。

特にヒナコを演じた平手友梨奈さんの存在感は誰もが認めるところのようで、業界内外で評価が高いのがわかります。

原作ものを実写化すると必ずつきまとう「イメージと違う」という声ですが、「ザ・ファブル」ではおおむね良い評価のようですね。

2作目にして大きなパワーアップを遂げた「ザ・ファブル」は、もはや日本を代表するアクション大作映画と言って良いのかも知れません。

ぜひとも続編を作ってほしいですね。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋キャスト一覧

登場人物が多いので、それぞれのグループに分けて紹介していきます。

それではご覧ください。

殺し屋の組織

岡田准一

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1327778546152923136
ファブル/佐藤アキラ

幼少時から殺し屋としての訓練を受けて育った、どんな敵でも6秒以内に殺すという凄腕の殺し屋。
普段はとても温厚な性格で、仕事以外では無駄な殺生はしない。
友達や世話になっている人物に対しては恩を返す真面目な一面も。
組織のボスからの命令で、殺し屋稼業を休業し、デザイン会社に時給900円で働いている。
笑いのツボが人とはずれている。

主な出演作

関ヶ原(2017) 石田三成
散り椿(2018) 瓜生新兵衛
来る(2018) 野崎

木村文乃

佐藤ヨウコ

明のパートナーで、ボスの指示により兄弟の設定で生活している。 殺し屋の休業期間中に恋をすることを目標にしているが、なかなかいい相手に出会うことができないでいる。 酒が異常に強く、様々な男を酒場に誘っては酔いつぶれさせて楽しんでいる。

主な出演作

伊藤くん A to E (2018) 矢崎莉桜
羊の木(2018 ) 石田文
居眠り磐音 2019) おこん

佐藤浩市

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1332527195361689602
ボス

組織のボス。
幼いアキラとヨウコを引き取り、殺し屋とそのパートナーとして指導してきた。
ファブルとその関係者の正体が暴かれるのを警戒し、1年間は仕事を受けないと決めて、アキラとヨウコを大阪に送り出す。
本当の目的は、アキラの桁違いな殺しのスキルを1年の生活の間に少しでも落とし、一般の生活に慣らすことであった。

主な出演作

Fukushima 50(2020) 伊崎利夫
サイレント・トーキョー(2020) 主演・朝比奈仁
騙し絵の牙(2021) 東松

デザイン会社オクトパス

佐藤二朗

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1332262893375483910
田高田

アキラが働くことになったデザイン会社の社長。
面倒見が良く、アキラの真摯な仕事ぶりや、味のあるイラストを見て大変気に入っており、身内のように扱っている。

主な出演作

今日から俺は!!劇場版(2020) 赤坂哲夫
新解釈・三国志(2020) 董卓
はるヲうるひと(2021) 真柴哲雄

山本美月

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1332247791888842753
清水ミサキ

明が金髪のチンピラに襲われた時に出会い、働き口を探していた彼をオクトパスに紹介した。
オクトパス以外にもアルバイトをいくつか掛け持ちしている。

主な出演作

去年の冬、きみと別れ(2018) 松田百合子
友罪(2018) 杉本清美
(2020) 高木玲子

好井まさお

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1332277992723079174
貝沼

陰気な雰囲気を持つストーカー気質の青年。
ミサキを隠し撮りしていたが、アキラに見抜かれ阻止される。

主な出演作

赤い雪 Red Snow(2019) 昌男
凜-りん-(2018)

真黒カンパニー

安田顕

海老原

真黒カンパニーで、会長の他にファブルの詳細を知る唯一の人間。アキラが殺し屋という先入観から、当初は嫌悪していたが、彼と倉庫で対面した際に無駄な殺生をしない人間だと分かり、わだかまりを解く。
その後はアキラの協力者となった。
ハコスカGT-Rが愛車。

主な出演作

愛しのアイリーン(2018) 主演・宍戸岩男
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(2019) 主演・宮川サトシ
ホテルローヤル(2020) 田中大吉

井之脇海

黒塩(クロ)

海老原の部下で、殺し屋としてのアキラに心酔している。

主な出演作

サイレント・トーキョー(2020) 来栖公太
砕け散るところを見せてあげる(2021) 田丸玄悟

子供たちを危険から守るNPO団体

堤真一

宇津帆

NPO団体の代表だが実は犯罪組織である。
ファブルとは因縁がある。

主な出演作

一度死んでみた(2020) 野畑計
望み(2020) 主演・石川一登
砕け散るところを見せてあげる(2021) 玻瑠の父

平手友梨奈

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1333969134326083588
佐羽ヒナコ

心を閉ざした車椅子の少女。
4年前にある事件でアキラと出会っている。

主な出演作

響-HIBIKI-(2018) 鮎喰響
さんかく窓の外側は夜(2021) ヒロイン・非浦英莉可

安藤政信

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1334331523001040897
鈴木

宇津帆に雇われた凄腕の殺し屋。

主な出演作

デイアンドナイト(2019) 北村健一
ゾッキ(2021) 道場の師範代
るろうに剣心最終章The Beginning(2021) 高杉晋作

黒瀬純(パンクブーブー)

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1334739210100756485
井崎

宇津帆に雇われた、元真黒カンパニーの社員。

ジャッカル主演ドラマ

宮川大輔

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1328896549233967105
ジャッカル富岡

アキラが大好きなお笑い芸人。

主な出演作

漫才ギャング(2011) 金井
Zアイランド(2015) 吉田あきら

橋本マナミ

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1377886080792363008
アイ

ジャッカル主演ドラマに出演している女優。

主な出演作

地獄少女(2019) 骨女
Zアイランド(2015) 吉田あきら

ザ・ファブル 殺さない殺し屋のキャラクター相関図

https://twitter.com/the_fable_movie/status/1127710073872982017
注目ポイント
  • アキラと宇津帆は過去に因縁がある
  • 4年前のある事件でアキラは佐羽ヒナコを救えなかった

宇津帆佐羽ヒナコが今回のキーマンになりそうですね。

元真黒カンパニーの社員の井崎宇津帆と繋がっているのも気になります。

アキラミサキの関係に進展はあるのでしょうか。

新たなキャストの登場で、アキラの過去が明らかになるかもしれませんね。

まとめ

映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のキャストについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

待望の続編ということで、新たなキャストが加わり、ファブルの物語に広がりが出てきそうですね。

ドラゴン桜でも活躍中の、佐羽ヒナコ役の平手友梨奈さんにも注目です。

ぜひとも劇場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
はまはま
初めまして。 はまはまと申します。 好きな映画やスポーツやエンタメなどについて書くブログを始めました。 語彙力がないヘタクソな文章ではありますが、いろいろと書いていこうと思います。 よろしくお願いします。